2005年11月09日

I'M ONLY SLEEPING

☆☆☆☆☆

あ〜眠い眠い眠い(睡眠)

I'M ONLY SLEEPING KEY:Em

またJOHNの歌いっぷりがいかにも眠い。
JOHNの声は次のSGT.PEPPERa_srgnt.gifから(正確にはSTRAWBERRY FIELDSからか?)劇的に変化する(悪い方へ)が、このREVOLVERあたりからその兆候が現れてますねぇ。
が、アンソロジー収録のこの曲のアウトテイクでは、結構初期のJOHNらしさが聴かれたりするから、録音で意図的に変えているんだろうか?解せない。

さてさて、この曲のキーをEmとしましたが、実際聞える音はE♭mになってます。得意の回転操作で、テンポを落としたと思われます。半音下げチューニングか、とも思ったが、ギターの音の揺れ具合などからして、回転操作の方だと判断いたしました。

KEEPIN' AN EYE…以下のコードは

Dm7  E7  Am  Am7  FM7  です。

ここのPAULのコーラスがGOOD!

収録アルバム
REVOLVER
a_rblvr.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 元気なカウントで始まる曲といえば… 

posted by COS桃 at 23:45| Comment(31) | TrackBack(1) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

LET IT BE

今日あるところに電話したところ保留音がこの

LET IT BE KEY:C

であった。

そんな風にいろんなところで耳にするスタンダードとなっているわけですが、またしてもPAULの曲なわけです。YESTERDAYといいMICHELLEといい、LET IT BEといいスタンダードとなる曲の多くがPAULの作品というのは、JOHN派のわたくしとしては、少々歯がゆいんですが。JOHN本人もヨーコにぼやいていたみたいですね。

さて、LET IT BE のバージョンには2種類あるってことは、みなさんご存知だと思います。そう、アルバム収録のフィル・スペクター ヴァージョンとシングルとして発売されたジョージ・マーチン ヴァ―ジョンです(こちらはビートルズ1などで聴けます)。みなさん、どちらがお好みでしょうか。私は、断然マーチン派です。間奏のギターやコーラスなどビートルズを知り尽くしたマーチンならではだと思います。(GET BACKしかり!)

間奏といえば、ここをアドリブで弾く場合、1歩間違うと演歌調のフレーズになってしまうので、くれぐれもお気をつけを。映画のGEORGEのフレーズはまさにそれ…ふらふら

ところで、PAULも2分58秒あたりでピアノを間違ってますよ。

収録アルバム
LET IT BE
a_ltitb.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 最近以上に眠いんです。
posted by COS桃 at 21:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY

☆☆☆☆

前作 FOR SALE に続いてアルバム HELP でもJOHNの作品には DYLAN の影が見え隠れしている。

この 
YOU'VE GOT TO HIDE YOUR LOVE AWAY KEY:G

はそれが特に顕著に現れている…らしい。

というのは、ビートルズの後にディランを聴いた私にゃ前後関係がわかんないんし、そう言われればそうだが、似てるといえば似てるけど、やっぱディランはディラン、JOHNはJOHNって感じがするんですけど、どうでしょう?

特に凝ったイントロがあるわけでなく、JOHNの12弦の何気ないストロークで始まり、JOHNの好きな(?)いわゆる8・6のリズムに乗って、コーラスもなく淡々と歌い、サビのHEYでこみ上げてくるものを一気に吐き出す、ってとこでしょうか。

ちなみにコードが I'M A LOSER と同じ 

G Dsus4 Fadd9 G ってとこがやはりディランを意識してるのかな?

収録アルバム
HELP
a_idl.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 YESTERDAY,HEY JUDE と並ぶPAULの代表曲であり、ビートルズの代表曲ともされる…

posted by COS桃 at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

ROCKY RACCOON

いざ歌おうとすると冒頭の部分をはじめ、かなり英語に堪能でないと難しいのではなかろうか。

PAUL特有の架空の

ROCKY RACCOON ☆☆☆

を主人公とするストーリー仕立ての曲であります。

特有といえばPAULはいろんな歌い方を持つヴォーカリストですが、ここでは他の曲では聴かれない声の出し方をしています。出だしのぶっきらぼうな歌い方もそうですが、時々震えるような声の出し方はあまり他では聴かれませんね。

さて演奏の方は、久々にJOHNのハープが聴けるのがうれしいじゃありませんか。といって、決して出しゃばるわけじゃなく要所要所にセンス丸出しのフレーズを聴かせてくれますもうやだ〜(悲しい顔)
あとはやっぱりジョージ・マーティンのピアノと最後になって登場するコーラスでしょうか。

ともかく何となくアメリカっぽさを感じる曲です。

出だしのコードはAm7すね。

収録アルバム:THE BEATLESa_thebtls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 邦題も何となくDYLANっぽいなあ
posted by COS桃 at 23:39| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月13日

IF I FELL

☆☆☆☆

何ともはやルール?を無視した出だしのコード!

IF I FELL KEY:D

キーがでありながらE♭mという訳のわからないコードで歌い出すこの曲、JOHNならではの、JOHNだけの、JOHNだからこそできた曲と言える。それだけにとどまらず、初めから、PAULとのデュエットを前提とし、デュエット曲の代表とも言える曲を書いてしまうのだから恐れ入る。このアルバム A HARD DAY'S NIGHT JOHNによるJOHNのためのアルバムだね。

また出だしの声が何とも切ないじゃないですか。デュエット部分ももちろん良いが、出だしを聴くたびにゾクゾクしてしまう私です。

PAULも頑張ってますよ。2度目の WAS IN VAIN は ほんと苦しそうもうやだ〜(悲しい顔)CDでは消されてしまったけどLPでは出きってなかったなあ。
キーの高いPAULでも、こうした歌い方だと高音はかなりキツイもんです。ウチのバンドの相方も歌うの嫌がってますわーい(嬉しい顔)

収録アルバム
A HARD DAY'S NIGHT
a_yayaya.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告ウチの近所にも最近アライグマが出没します。

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月04日

MAGGIE MAE

いやはや、2ヶ月振りの投稿です。ふらふら
というのも

MAGGIE MAE KEY:G

に関するコメントに思い悩んでいるうち、あっという間に2ヶ月経過しておりました。

フィル・スペクターも余程材料に困ったのか、海賊盤じゃあるまいしDIG IT とこのMAGGIE MAEはちょっとないんじゃないって感じですね。まあアルバム strong>LET IT BE そのものが海賊盤みたいなものではありますが…

と、けなしてはいますが、ファンにとっては、こういう曲でも彼らのスタジオでの様子を垣間見ることが出来るという意味では、貴重なものでありまして、雰囲気悪かったこのセッションにしては、結構楽しそうに演ってて、ホッとしたりしますね。

JOHNrrrrrrobbin'がいいよね(^.^)

収録アルバム
LET IT BE
a_ltitb.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 この曲まだだったよな〜?! 「恋に……」
posted by COS桃 at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月03日

I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY

☆☆☆

これもコーラスがポイントとなっている曲である。

I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY KEY:G

ある本ではAメロはJOHNのダブルトラッキングとなっているが…そうかなあ?
私の耳には上のパートをJOHNが、下をPAULが歌ってるように聞えるんですが。低音でのこもり具合がPAULの声のようなきがするんだが、どうでしょう?

下はPAULってことで話を進めます。

次はJOHNのソロの部分。THERE'S NOTHING FOR ME HERE. SO I WILL DISAPPEAR 哀愁漂うメロディを実に切ない声で歌っている。個人的にはこの辺にしびれます。

サビではJOHNPAULが逆転し、いつも通りPAULが高音へ。これはキーの関係だろうね。

この曲でもFOR SALEを通じて大活躍のJOHNJ-160Eがいい音を聴かせてくてれます。

この曲にも、この頃のJOHNお得意のG−F9というコード進行が出てきますよ。

収録アルバム
BEATLES FOE SALE
a_frsale.gif

NEXT SONG 次回の予告 これも一応公式曲らしいんで…


posted by COS桃 at 16:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LOVELY RITA

☆☆☆

こういう曲が困るんだよな〜
だってキーがE♭ですよ〜

LOVELY RITA KEY:E♭

イントロのギターの音色が何とも魅力的なんですが、初心者は普通E♭のキーの曲なんて後回しにしません?
それで、この曲を弾いたのは随分後になってからでした。
もっとも、元々のキーはDでしょうが。

こいつの聴き所はまず、コーラスですね。きれいなハーモニーから奇声まで結構いろんなのが入ってるんでお聴き逃しなく。

もう1つはPAULのベース。このアルバムのベースは全て素晴らしい。ベースプレイヤーとしてのPAUL絶好調といったところ。

しかしまあぶっ飛んだアレンジですね〜。その最たるものがアウトロ!本編とは何の関係もないような不思議なピアノのサウンドにのせてコーラスともため息ともつかぬような声。おまけにエンディングはときた。

そんなところが結構好きではあります。

収録アルバム
SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
a_srgnt.gif

NEXT SONG 次回の予告PAULが下でJOHNが上?
posted by COS桃 at 14:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PLEASE MISTER POSTMAN

☆☆☆

WAIT!

OH YES, WAIT A MIUTE MISTER POSTMAN

WAIT!

WAIT A MIUTE MISTER POSTMAN

お待たせしました

PLEASE MISTER POSTMAN KEY:A

より再開いたしますです。

いわゆる循環コードで出来あがってるこの手の曲のはヴォーカル・コーラスが勝負といえるでしょうが、そこはビートルズ。PAULGEORGEの軽やかなコーラスにJOHNのずっしりしたヴォーカルが乗っかってポップソングを越えてしっかりロックしてます。

アンソロジーではこの曲のライブシーンが観られたね。出だしでPAULGEORGEが手拍子してるのが妙に可愛かった。

ちなみにコードは

A  F#m  D  E

の繰り返し。これが弾ければ STAND BY ME も弾けます。

収録アルバム
WITH THE BEATLES
a_wth.gif

NEXT SONG 次回の予告また人名ソングの登場です。

posted by COS桃 at 13:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

TICKET TO RIDE

☆☆☆☆

前作の FOR SALE と比べると何となく明るく突き抜けた感じのするアルバム HELP

この

TICKET TO RIDE KEY:A

も歌詞の内容とは裏腹にとてもポップで、これぞビートルズサウンドの代表格といった出来。

映画では下手くそなスキーのシーンで使われてましたね〜。
駅に着いて「ロンドン」って言うJOHN数年後のJOHNを彷彿とさせました。


JOHNが作った曲ではあるが、アレンジや演奏面ではPAULが貢献。

ベースはもちろん、例のドラムパターンをはじめ、リードギターまで大活躍。
リードギターと言えば、アンソロジーで観られたこの曲のライブでのGEORGEのギターはひどかったもうやだ〜(悲しい顔)

自分のフレーズではないからというわけではないだろうが、1本のマイクをはさんで歌うJOHNPAULのヴォーカルが素晴らしかっただけに非常に残念でした。

しかし、ぶっきらぼうなJOHNのヴォーカルがまたいいね。


そうそう、中学生のみなさん SHE DON'T CARE は歌詞だから許される BAD ENGLISH ですからね〜。


収録アルバム
HELP
a_idl.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 すっきり民営化とはいかないようですね〜。


               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月18日

BIRTHDAY

☆☆☆

しばらくサボってしまい久々の投稿です。
しかも予告とは違う曲でいきます。
今日はこれしかないでしょう。

BIRTHDAY KEY:A

そう今日はPAUL63歳の誕生日!

いよいよ来年は64歳になってしまうんですね〜。

今でもTVなんかで使われることの多いこの曲。
PAUL主導で作られたことは間違いないでしょうね。

ギターのリフはカッコよく、PAULのヴォーカルも力強い。
一度聴いたら忘れられない曲ですね。
新しい形のロックンロールというか、リフだけで1曲作りあげてしまったという感じ。

ヨーコパティがコーラスで参加してるってのが、雰囲気悪かった頃にしては不思議な感じexclamation&question

収録アルバム
THE BEATLES
a_thebtls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 飛ばしてしまってすいません。るんるんSHE'S GOT A 〜

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:58| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月12日

GET BACK

☆☆☆☆

ライブ活動を念頭に置いていたPAULの曲だけあって、コピーバンドでも充分演奏可能な

GET BACK KEY:A

特に難しいプレーをしているわけでもないので、中高生時代の私たちもよく演ったもんです。
もっとも当時のバンドではキーボードがいなかったので、ビリー・プレストンのパートはギターで代用しておりましたが。

リードギターのJOHNのプレイはビギナーの方がスケールを覚えるにはいい見本になるかもしれません。

しかし、こういう一見簡単そうな曲こそ、ノリとかニュアンスとかを出すのが難しいもので、ついに人前では演らずじまいでしたね。
中でもアウトロでのPAULのセリフ(?)は、日本人であるわれわれがコピるのはこっぱずかしいというか、相当気合入れないとできないもんですふらふら

とにもかくにも、PAULの「戻って来い」という叫びもむなしくこの後、ビートルズは分裂に向かっていくのでした。

収録アルバム
LET IT BE
a_ltitb.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告
英語を習いたての私は MY BABY DON'T CARE はおかしいんじゃないの?って思ってました。


               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月09日

DAY TRIPPER

☆☆☆☆☆

るんるんダーンダダダダダーンダダーンダダダるんるんのギターリフでお馴染み

DAY TRIPPER KEY:E

少々自慢めいた話をすると、私はこのリフを弾きながら歌えます。
えっ、たいしたことない?
でもですねぇ、私がバンドを始めた中学生の頃には、弾きながら歌える奴ってそんなにいなかったんですよ〜。ま、この曲に限らず、コツさえ掴めば、ギターとヴォーカル違うリズムでもこなせるようになります。

この曲もまた、斬新ですよね。スタンダードな名曲を書くのがPAULなら、斬新というか前衛的な名曲を書く才能はJOHNに軍配が上がります。

TOMORROW NEVER KNOWS MR.KITE I AM THE WALRUS などなど。もっとも初期の PLEASE PLEASE ME SHE LOVES YOU なども充分斬新だったんでしょうが…。

さて、武道館ライブでのこの曲は出来が悪いっすよね〜。まあこの曲だけじゃなく、映像で見る限りみんなあまりやる気がなく(特にJOHN)、ミスは多いし、またそれを気にもしてないって感じで、日本人を舐めてるね。

収録アルバム
PAST MASTERS VOLUME TWO
a_pastmstr2.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 時を戻せたら…

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月06日

DO YOU WANT TO KNOW A SECRET

☆☆☆

6月早々3日も休んでしまいました。暑さでやる気が出なかった…わけではなく、この曲

DO YOU WANT TO KNOW A SECRET KEY:E

にあまり思い入れがないので書きあぐねておりました。

しかし、そうも言っておれないので頑張っていきます!ビートルズを聴き始めたばかりの頃は、よく聴いていた記憶があるが、ここ最近はとんと聴いておらず、今聴いているのが何年か振りです。面目ないふらふら

これは、JOHNGEORGEにくれてやった、ってことですが、確かにまあ、可愛い歌詞とポップなメロディーはマッチョなJOHNのイメージではないわな。

イントロはEmのジャラ〜ンで始まる。そしてもう1本のギターがマンドリン奏法でトロトロと鳴らす。メロでは初期のJOHNお得意のクリシェG#m−Gm−F#mが入り、ブリッジではAキーのような進行になる。なかなかいいではないか。GEORGEのヴォーカルも後期のように弱々しいものではなく、適度に迫力があるし、聴かず嫌いはやめなきゃね。

前々から思っていたけど、GEORGEの“”の発音は特徴的ですね。これならわれわれ日本人にも“”と区別し易いわーい(嬉しい顔)

収録アルバム
PLEASE PLEASE ME
a_plspls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 両A面のもう一方はすでにやりました。ギターのリフが有名。

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月02日

MICHELLE

中2の秋、初めて手に入れたモーリスのアコギで最初に練習したのがこの

MICHELLE KEY:Fm

のイントロと間奏のリード。

以前も書いたようにシンコーミュージックの黒い表紙のバンドスコアに載っていたのでした。
確かタブ譜は付いていなかったので、自分でポジションを探して、弾いておりました。


MICHELLE-INTORO.gif

これがそのイントロ、途中までですが。

数字のポジションを弾いたあと、1・2弦を同時に爪弾きます。

@→1・2弦→A→1・2弦→B→1・2弦……ってことです。

コード進行もまた粋ですね。
キーはマイナーなのに出だしはいきなりメジャーのF(中2当時はこれが不思議ってことさえ分からなかったが)。
他にもdim7♭9などが登場し、コードの勉強になりました。

収録アルバム
RUBBER SOUL
a_rbrsoul.gif


TOMORROW'S SONG 明日の予告 GEORGEに歌わせたJOHNの歌。(古い方)


               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 20:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月31日

WORDS OF LOVE

☆☆☆

このブログを始めてから、あらためて聴きなおす曲が多い。

WORDS OF LOVE KEY:A

もそうした曲の1つ。
アルバムを通してむさぼるように聴いた少年時代と違い、この頃は聴きたい曲だけを聴くようになってしまった。

今、聴いてみると、なんとシンプルな曲であることか!
コードはA,D,Eの3つ。しかもそれの繰り返し。メロも1つのパターンで出来あがっており、あとは MMM〜 のハミングだけ。

曲がシンプルなら、演奏もまたシンプル。キラキラしたサウンドのギターが目立つ。あと、クラップではないと思うけど、何かを叩く音が終治鳴ってる。間奏の途中、ブレークすべきところでははみ出しちゃってますね。

しかし間奏長いネ。こうでもしないと1分そこそこで終わっちゃうからかな?

収録アルバム
BEATLES FOR SALE
a_frsale.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 PAULの3大Fバラードの1つ。あとの2つはもう取上げました。

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月29日

BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE

☆☆☆☆

これこそ SGT.PEPPER'S を代表する曲であると個人的には思っております。

BEING FOR THE BENEFIT OF MR.KITE KEY:Dm(何とも不思議なコード進行ですが一応Dmってことにしておきます。)

サーカスのポスターからとったという歌詞・不思議なメロディー・きらびやかなサウンド まさに「聴く万華鏡」とでも言えるような全く新しいサウンドを作りあげたもんです。ジョージ・マーチンの功績でしょうか。
エンディングは何度聴いてもスゴイもんです。

JOHNの声は何か加工をしていて、(このアルバムの声はほとんど加工されてますね)子音が生々しく聞える。少年のころは聞きなれない単語が多く並んでいたこともあって、発音が難しく、なかなか歌うことができなかったなあ。


変なコード進行を少し書いときます。

C Gaug B♭ Dm G

C Gaug B♭ Dm A

Dm Dm7 B♭ A  Dm

Gm  A  Dm   
Gm  A  Dm   G


間奏とアウトロでは1音上がるのでご注意を

それにしてもどんなポスターだったんだろう?


収録アルバム
SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BAND
a_srgnt.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 公式曲唯一のバディ・ホリー作品

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月25日

THINGS WE SAID TODAY

昨日は投稿サボってしまったに拘わらずたくさんのアクセスありがとうございますもうやだ〜(悲しい顔)できるだけ穴を空けないようにしたいと思いますので、今後ともよろしくお願い致します。
THINGS I SAID TODAYを忘れません。

THINGS WE SAID TODAY KEY:Am

久々に数少ないマイナーキーの曲です。もっともサビ(ブリッジ?)ではメジャーになりますが。

どうもこの曲、グループサウンズっぽく聴こえるんですがどうですか?
出だしのギターのジャカジャンといい、Aメロといい。どうも、このあたりの曲からグループサウンズの方々がパクッた、と言っちゃ悪けりゃ、影響を受けたような気がしますね。

PAULの曲としては、キーが低くて、淡々と歌ってます。ホントはもう1音か1音半くらい高いと声に張りがでるんでしょうが。

勝手に推理すると、やはり初めのジャカジャンが決め手であるが、ここは開放弦を含めたAmのコードで行きたかったからではないか?
Bmじゃまったく違ったサウンドになりますからね。初期にはカポもあまり使ってないし。

そこまで考えてないか?


関係ないけど、最近ブラウザをFIREFOXに変えました。やっぱり、タブブラウザが便利なんで。皆さん1度お試しを。

収録アルバム
A HARD DAY'S NIGHT
a_yayaya.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 サイケでポップなJOHNの曲。馬のヘンリーがワルツを。

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月23日

JULIA

☆☆☆

愛・地球博が開催60日目にして目標入場者数1,500万人の3/1の500万人を突破したそう。このブログもそろそろ全曲の1/3の解説が終わりました〜。

もう3/1というよりも、まだ1/3か、というのが正直なところです。このブログのタイトルをいただいだあの曲も終わってないし、厄介なあれもまだだしなあ…。

とりあえず、今日は

JULIA KEY:D

でございます。

JOHNの母JULIAヨーコのイメージをブレンドした曲であるということはよく知られたところですね。

JOHNの一人録音でJ-160Eをアルペジオで弾き、ヴォーカルはダブルトラッキング。
このヴォーカルが、初期にはまったく聴かれなかった声の出し方をした弱々しいもので、これもまたJOHNなんだろうが、私的には???な感じです。

まあ、この曲にはこのヴォーカルなのかなあ。

コード進行も結構不思議。

サビ(HER HAIR OF 〜)は唐突にC#mに行き、何とな〜くAメロのに戻る。このあたりのところはいずれテクニック編でやりますね。


収録アルバム
THE BEATLES
a_thebtls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 今日僕らが言った事  

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月21日

BLACKBIRD

☆☆☆☆

PAULPAULによるPAULのための曲

BLACKBIRD KEY:G

この曲は何かと思い出深い。

どうしてもこのギターが弾きたくて、カセットを何度も何度も巻き戻しては再生し、コピーした。

ギターの場合、耳コピするにしても難しいのは、同じ音を出すのに複数のポジションがあるところ。例えば、1弦開放のEは2弦5フレでも出せますよね。

当時はバンドスコアなんかもあまりなく、自分の耳にたよるしかなかった。まあそのおかげで、結構音を聴きわける耳を持つことができたとは思います。
今出回ってるコピー譜なんかも結構いい加減だから、鵜呑みにしない方がいいですよ。

弾き方のポイントを1つ。
基本的には低音と高音の2音を爪弾くんですが、その間に3弦開放のGを中心に軽くストロークする。


あとはがんばってコピーしてください。以外に簡単に弾けますよ。

収録アルバム
THE BEATLES
a_thebtls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告続いて同アルバムから、今度はJOHNの弾き語りソング。

               人気blogランキングへクリックお願いします
posted by COS桃 at 20:30| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。