2005年07月03日

I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY

☆☆☆

これもコーラスがポイントとなっている曲である。

I DON'T WANT TO SPOIL THE PARTY KEY:G

ある本ではAメロはJOHNのダブルトラッキングとなっているが…そうかなあ?
私の耳には上のパートをJOHNが、下をPAULが歌ってるように聞えるんですが。低音でのこもり具合がPAULの声のようなきがするんだが、どうでしょう?

下はPAULってことで話を進めます。

次はJOHNのソロの部分。THERE'S NOTHING FOR ME HERE. SO I WILL DISAPPEAR 哀愁漂うメロディを実に切ない声で歌っている。個人的にはこの辺にしびれます。

サビではJOHNPAULが逆転し、いつも通りPAULが高音へ。これはキーの関係だろうね。

この曲でもFOR SALEを通じて大活躍のJOHNJ-160Eがいい音を聴かせてくてれます。

この曲にも、この頃のJOHNお得意のG−F9というコード進行が出てきますよ。

収録アルバム
BEATLES FOE SALE
a_frsale.gif

NEXT SONG 次回の予告 これも一応公式曲らしいんで…


posted by COS桃 at 16:55| Comment(5) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして!最近ここを見つけ、久々にギターを引っ張り出し、検証しつつ(笑)楽しく読ませてもらってます。
おかげさまで、iPod1台分全てビートルズに書き換えてしまいました(笑)。
例のAメロの件、下は間違いなくポールだと思います。
ジョンの歌の譜割りはアコギに乗っかり、下メロはベースに乗っかってる気がします。若干ジョンより甘い声だし。
リンゴの微妙な跳ねといい、この手の曲はビートルズ独特のノリですよね。G〜F9のあの押さえ方もバンジョーのフォームから来ているのだろうし、やはりスキッフルバンド時代の名残なんでしょうね。
ジョージのギターも「おっとっと・・」でかわいいし、
確かにAメロ後半からのジョンの声はゾクゾク来ますね。
「パーティーはそのままに」って投げやりな邦題が大好きでした。
コードって事でしたら「It's Only Love」をリクエストしたいですね。
学生時代、コードブックと格闘しつつコピーした思い出があります。みんな勝手なコードつけてやってたなあ・・・と。

長文失礼致しました。
もっともっと色んな話、聞きたいです!
Posted by JOHN LEMMON at 2005年08月01日 04:53
と、思ったら下の方にありましたね「It's Only Love」
・・・失礼しました。
何曲か飛ばし読みしちゃってたみたいです。
ジョンはアコギでしょうが、どういうフォームで弾いてるんでしょうかね?
結構160-Eでもハイポジション押さえてる写真、多いですよね。にしても、確かにストラップは高すぎますね(笑)。
邦題つながり?で「すてきなダンス」なんてどうです?
ジョンのギター、かなりイケてますよね。

*ジョンの歌声に関する見解、各曲への星の付け方。
他人とは思えないほど、シンパシーを感じます(笑)。
今後とも楽しみにしています!
Posted by JOHN LEMMON at 2005年08月01日 05:38
JOHN LEMMON さん、ありがとうございます。次の曲のコメントを考えているうちに、1ヶ月も記事の投稿が滞ってしまいました(-_-;)が、あなたのコメントを読み、俄然、意欲が沸いてきました。間もなく復活させていただきますので、よろしくお願いします。

共感してくれる人がいるっていいですね!
Posted by COS桃 at 2005年08月01日 22:45
こちらこそ、ありがたい事です。
このページに大きな刺激を受け、何かに取り憑かれた様に
ビートルズを聞きまくっております。
このごろ、日々に張りがありますよ!

そして・・・ついつい、やってしまいました。
何だかCDではもの足りず、「FOR SALE」のレコードが無性に聞きたくなり、アナログ盤を引っ張りだしました。
何年かぶりに使うプレーヤーですので、針の状態が悪い。
どうせなら、とカートリッジを買いに渋谷へ。
今時はレコード針も楽器店で売ってるんですね・・・
それが運の尽きでした。

気がつくと「名機!ギブソン J−−160E チョイキズ買得!」
の前に立っていました。
馬のヘンリーがワルツを踊り、イギリス軍の勝利を讃えるフィルムが流れ、新聞紙のタクシーが・・・(中略)・・・
暑さのせいだったのでしょう。
判断力を失った私はそのギターを手に取り、
何のためらいもなく例のコードを弾きました。
薬指がつってしまいそうなG。そしてF9。
ああ・・この音だ・・と感激する暇もなく
店員さんの「おっ、ジョンですね」。

後の事はあまり憶えていません。
本当に何年かぶりに、針ではなくハードケースを抱えて
山手線に乗るハメになりました(笑)。
帰省中の家族には、もちろん報告していません(笑)。

これまでの解説を見せて頂きながら、
続きを気長に待ってますね。
長文失礼致しました!
Posted by JOHN LEMMON at 2005年08月02日 05:16
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。