2005年05月19日

THINK FOR YOURSELF

☆☆☆

正直、前作HELPまでのGEORGEの作品はあまりパッとしなかった。

この

THINK FOR YOURSELF KEY:G

あたりから作風も固まってソングライターとしてGEORGEが一人前になったんではなかろうか?次のREVOLVERではTAXMANで見事オープニングを射止めた。

インド音楽にのめり込む前(もっともアルバムのNORWEGIAN WOODで初めてシタールを使用しているが)のGEORGEの特徴がよく出た1曲。

RUBBER SOULの、もう1曲 IF I NEEDED SOMEONE ほどではないが、この曲もGEORGEの曲の最大の特徴である裏のリズムバリバリ。

このリズム取りの癖(たぶん)が後のHERE COMES THE SUNOLD BROWN SHOEなどまで受け継がれていく。

バックでは、コーラスとファズベースが目立ってます。
この曲に限らずGEORGEの曲では、PAULが張り切ってるね。

収録アルバム
RUBBER SOUL
a_rbrsoul.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 PAULが黒人差別のことを歌った曲だそう。

               人気blogランキングへクリックお願いします
posted by COS桃 at 21:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。