2005年05月18日

HEY BULLDOG

☆☆☆☆☆

JOHNは本当にイカシたリフを作る。
I FEEL FINE , DAY TRIPPER , DIG A PONY…そして

HEY BULLDOG KEY:B

アルバム YELLOW SUBMARINE
半分がジョージ・マーチンのサントラということもあって、あまりというかほとんど聴かないアルバムだ、この曲を除けば
それほどこの曲の存在意義は大きい。(私にとっては)

最初に書いたように、まずリフがカッコイイ!
よく思いついたなあ、こんなリフ。

そして、何よりこの頃の作品にしては、サウンドがロックしていて良いではありませんか。JOHNのヴォーカルも久々に力入ってるし。

演奏はPAULがリードギターにピアノにもちろんベースと、八面六臂の大活躍。そのすべてをセンスよくこなしてるから、これまたすごい。

そしてアウトロのJOHNPAULの奇声がまたすごい。(間奏の間も後ろがなかなかうるさいですよ)

このように「すごい」が一杯詰まった曲なのです。


これから購入しようという方は、数年前に出たリミックス盤YELLOW SUBMARINE の方がいいかも。

収録アルバム
YELLOW SUBMARINE
a_yllwsb.gifオリジナル盤はこちら


TOMORROW'S SONG 明日の予告 何で「嘘つき女」なんだろう?

               人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。