2005年05月03日

HONEY PIE

☆☆☆

こりゃジャズですね、何とも「アメリカ」を感じさせる曲ではないか。

HONEY PIE KEY:G

ほんとホワイトアルバムは何でもありって感じ。
特にPAULの場合このアルバムではいろんな種類の音楽を取り入れ、節操がないというか、懐の深いところを聴かせてくれる。

それに対し、JOHNの曲はあくまでJOHNのスタイルでオリジナリティを感じる。どちらも才能ですわ。

この曲の1番の目玉というか拾い物はJOHNのギターでしょね〜。JOHNってこんなに上手かったっけ?と思うほど、センス丸出しのギターを弾いてます。

間奏が終わったあとの軽いYEAHは自画自賛でしょうか?

収録アルバム
THE BEATLES
a_thebtls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 「恋」もの第2段、アドバイス

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

「ギター」でブログ検索してみました。
Excerpt: 「 ギター 」の検索結果で、「A SONG IN THE LIFE ビートルズ1日 .. 」さんを紹介させていただきました。つながり系サイトです。
Weblog: 日刊カタログ
Tracked: 2005-05-13 15:55
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。