2005年05月01日

GIRL

☆☆☆☆☆

息継ぎすら曲の1部としてしまう斬新さ

GIRL KEY:Cm

それにしてもJOHNはいい声で歌ってます。決して力むことなく、かといって弱弱しくもなく、曲調とも相まって、何とも切ない。この曲にはこの声・歌い方しかないと思えてくるから不思議だ。

演奏は少ない楽器でシンプルでありながら物足りなさを感じない。このあたりがセンスなんでしょね。

歌詞の面ではこのRUBBER SOULから特にJOHNが内省化しがていくのが見てとれる。この曲では“DEAD”という単語登場するが、この後もSHE SAID SHE SAIDYER BLUESにもに出てくる。JOHNが何か「死」というものを意識し始めたのか?その後の彼の運命を思うと…。

収録アルバム
RUBBER SOUL
a_rbrsoul.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 リコーダーでよく練習したもんです。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。