2005年03月27日

BEATLES FOR SALE

なんとなく地味なアルバムである。。a_frsale.gifジャケットの4人もどこか疲れた表情をしている
前作 A HARD DAY'S NIGHT のわずか5ヶ月後に発売されただけあって、14曲中オリジナル8曲とカヴァーの占める割合が多い。よく言われることだが、ロックンロールとカントリーが混じりあった構成となっている。曲調もさることながら、JOHNのJ−160EとGEORGEのカントリージェントルマンをフューチャーした音作りがそう感じさせるのかもしれない。
シングルカットされた曲が含まれていないことも地味な印象を与える一因かもしれないが、前作から引き続きJOHNの作品は安定しており、NO REPLY I'M A LOSER の2曲が聴けるだけでも価値あるアルバムと言えるのでは。

人気blogランキングへ
【関連する記事】
posted by COS桃 at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。