2005年03月23日

SHE LOVES YOU ☆☆☆☆☆

これぞビートルズである。ビートルズサウンドの中のビートルズサウンドである。

SHE LOVES YOU KEY:G

とかく、少しビートルズを聴きかじると、「やっぱりサージェントペパーが最高」とか、「後期の曲がすごい」とかいう人もいる。恥ずかしながら、私にもそんな時期があった。が、しかし、それらに負けず劣らずすごい、というより、「ビートルズはここから始まったのだ。」と声を大にして言いたい!

この曲にはビートルズの魅力が全て凝縮されている。
RINGOのトロントロントンでいきなり始まる3人の勢いのあるヴォーカルも、洒落たコード進行も、JOHNPAULの首振りファルセットも、GEORGEの弱冠たどたどしいギター?も。なによりバンド全体で作り上げるこのノリである。

1963年当時はさぞかし衝撃的だったろうなあexclamation×2今だにこんなに胸踊るんだから黒ハート

収録アルバム
PAST MASTERS VOLUME ONE
a_pastmstr1.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 ついでに今日の曲のシングル盤のB面やっときます。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。