2005年05月01日

THE FOOL ON THE HILL

☆☆☆☆☆

JOHNのソングライターとしてのピークが1963〜1666年とすると(勝手に決めちゃいました)、PAULのそれは1966〜1969年頃ではないだろうか。

もちろん、それ以前にも以後にもいわゆるスタンダード(YESTERDAY,MICHELLEなど)を送り出してはいるが。その絶頂期に生み出したスタンダードの1つがこの

THE FOOL ON THE HILL KEY:D

稀代のメロディメーカーPAULの才能を如何なく発揮した名曲です。

マニアではない人には、とかく“JOHNは歌詞で、PAULは曲”なんて思われていたりするが、この曲は、JOHNも言ってるように「PAULには完璧な曲(歌詞を含め)を作る才能がある」ことの証明でしょう。

アレンジも素晴らしい。
リコーダーをはじめ多くの楽器が登場するが、それぞれがでしゃばることなく要所要所で使われている。

“無音”もまた大切ってことですね。

収録アルバム
MAGICAL MYSTERY TOUR
a_mgcl.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 月光仮面のテーマソング?

人気blogランキングへ


posted by COS桃 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

GIRL

☆☆☆☆☆

息継ぎすら曲の1部としてしまう斬新さ

GIRL KEY:Cm

それにしてもJOHNはいい声で歌ってます。決して力むことなく、かといって弱弱しくもなく、曲調とも相まって、何とも切ない。この曲にはこの声・歌い方しかないと思えてくるから不思議だ。

演奏は少ない楽器でシンプルでありながら物足りなさを感じない。このあたりがセンスなんでしょね。

歌詞の面ではこのRUBBER SOULから特にJOHNが内省化しがていくのが見てとれる。この曲では“DEAD”という単語登場するが、この後もSHE SAID SHE SAIDYER BLUESにもに出てくる。JOHNが何か「死」というものを意識し始めたのか?その後の彼の運命を思うと…。

収録アルバム
RUBBER SOUL
a_rbrsoul.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 リコーダーでよく練習したもんです。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 10:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。