2005年03月13日

i am sam

先日TVでi am samを観ました。以前ビデオで観たことがあったんですが、やっぱり良かった〜。サムの部屋のドアにJOHNのポスターが貼ってあったり、サムの口からメンバーの語録が飛び出したりと、ビートルズファンなら思わずニヤッとしてしまいますよね。バックでかかるビートルズのカバーソングがやけに映像とマッチしていて実に泣かせる映画でした。何よりルーシーが可愛いすぎるexclamation
posted by COS桃 at 19:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンポイントテクニックその3

I AM THE WALRUS

コピーバンドで演るには音数が多すぎる。ギターなんてほとんど聞えないし、何せこのストリングスは4人じゃ再現不可能かもしれないですね。ここは開き直って、エレピとディストーションの効いたギターをフィーチャーしたアレンジにした方が雰囲気出るかも。
しかし中学生当時はこの曲歌えなかったなあわーい(嬉しい顔);何しろ単語が難しかったし、結構早口で。ヴォーカルはカタカナ英語にならないように注意しましょう。

OH!DALRING

歌に自信がないとできませんね。私も余程調子が良くないと歌えません。ふらふら

イントロとブレイクはE+5ですね。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACT NATURALLY ☆☆☆

お待たせしました。RINGOです。

ACT NATURALLY KEY:G

カヴァー曲も初登場ということになります。
なんともRINGOにピッタシの曲じゃないですか。冴えない男の悲哀を歌った歌詞の内容がまたRINGOのイメージにマッチしてますな。また、この時までに彼が歌った曲(BOYS,I WANNA BE YOUR MAN,HONEY DON'T etc...)の中じゃ1番上手く歌ってる気がする。やはりカントリーが水にあってるんですね。

演奏はいたって軽快、GEORGEのギターもドロップチューニングでそつなくまとめてます。あっ彼もカントリータッチの曲は得意だったね。

収録アルバム
HELPa_idl.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 この曲にもSTARって単語が出てきます

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンポイントテクニックその2

NOT A SECOND TIME

演奏面では特に難しいところはないですね。コピーバンドであればJOHNのぶっきらぼうなヴォーカルの雰囲気が出せるかどうかでしょう。

I WANT TO TELL YOU

まずはイントロのギターのリフをマスターしましょう。こういう簡単なフレーズこそリズム感が大切になってくるので、特に2拍3連の部分は譜面に表せないような微妙なニュアンスが出せればGOOD。
ヴォーカルはKEYが低いので、問題ないよね。
解説で書いたテンションコードはの2つ。

E7♭9.gif
1弦1フレがテンションの音。オリジナルでは、ピアノで音を強調してますが、ギターなら押さえたり放したりすればよし。

Bdim.gif
dimコードは構造的にいろんなポジションがとれるけど、ここでは前のコードBmからの流れで、これで行きましょう。

I WILL

これは弾き語りスタイルがピッタリ。
ただKEYがFだけにD♭とかいろんなバレーコードが出てきて初心者の方は弾きづらいかも。それとこういう淡々とした曲はリズムのキープが大事だよ。

最後のENDEAR YOU TO ME で 1拍づつ変わるコードは、B♭−Dm−F−Fdim

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(1) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。