2005年03月06日

ワンポイントテクニック

番外編として紹介した曲をコピー・カヴァーするうえでのポイントを伝授

ALL MY LOVING

この曲は誰が歌うかが問題。ビートルズと同じ編成であれば、やはりベーシストとリードギターが歌うべし。というのも本編で書いたとおり、あのリズムギターを弾きながら、歌うのは結構シンドイから。JOHN役の人はしっかり3連をキープしてね。間奏の初めのコードはA7ですよ!

DIG A PONY

イントロとサビのG-D-Aのリフをしっかりキメテね。むずかしいフレーズではないのでタイム感さえあえばカッコよく決まるはず。あとGEORGEのオブリは基本的に分散コードって感じなのでコード進行さえおさえておけば大丈夫。

P.S.I LOVE YOU

出だしのGの次のBaug7

Baug.gifだよ

NOWHERE MAN

これについては「しっかり歌の練習をしましょう」というしかないです。特にGEORGEのパートは音程がとりにくいかもしれないので(この曲だけじゃなく彼のパートって結構むずかしいの多いんだよね)
がんばって!MAKING ALL HIS NOWHERE PLANS あたり コードで言うとF#m−Amに行くところを気を付けてください。

GETTING BETTER

こいつは4人で演るのはちょっと難しい。コーラスだけでも4人フル稼働しなくちゃならないからね。でもポイントさえ押さえれば雰囲気は出せると思うよ。
その@イントロ、アウトロのキャッキャッキャッキャッってギターこれは外せません。最近のPAULのアメリカツアーでも彼自身がこのフレーズ演ってたよ。
そのAコーラスワーク NO,I CAN'T COMPLAIN だの IT CAN'T GET NO WORSEだのAh〜だのOh〜だのファルセットのコーラスはこの曲の1番の聴かせどころなので、2人でキメよう

人気blogランキングへ1票m(__)m
posted by COS桃 at 12:17| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月05日

GETTING BETTER ☆☆☆☆

今日で5曲目ホントよくなるように努力します。というわけで
GETTING BETTER KEY:G
この頃のPAULはほんと充実してますね。JOHNに代わって主導権を握り始めた時期ですね。SERGENT PEPPERは7割方PAULの曲が占めててコンセプトもPAULのものだっていうし、ヴォーカルも自信に満ちてるよね。でもあえて言わせてもらえば、この曲もI USED TO BE CRUEL TO MY WOMAN〜以下のJOHNのフレーズあってこそこれほど素晴らしい出来になったんではなかろうか?まさにLENNON&MAcCARTNEY合作の曲だよね。
演奏面で光ってるのはこれもPAULのベース。数あるPAULのベースプレイの中でもベストと言えるほど縦横無尽に踊りまくってます。ベースラインだけ聴いててもしびれる。あまり聴いたことない人は、是非耳を傾けてみて!

収録アルバム

SGT.PEPPER'S LONELY HEARTS CLUB BANDa_srgnt.gif

TOMORROWS'SONG 明日の予告 二度目はありません
posted by COS桃 at 22:50| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

NOWHERE MAN ☆☆☆☆☆

早熟の天才JOHN その円熟期に書いた達観の歌
JOHNはやっぱり自分達がロックンロールバンドであると同じにコーラスバンドであることを意識してるね。THIS BOYやYES,IT IS そしてこの NOWHERE MAN KEY:E
と、三部コーラスの完璧な曲ってたいていJOHNの曲だもんね。曲作りの段階からイメージが出来上がってるんだろうね。演奏面ではPAULの手数の多いベースが目だってます。あと間奏のGEORGEのギター、ストラトらしいんだが、今までにない音色ですね〜。しかしギンギンし過ぎと思うのは私だけ?

収録アルバム

RUBBER SOULa_rbrsoul.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 このブログもだんだんよくなっていきますよ
posted by COS桃 at 20:20| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月03日

P.S.I LOVE YOU ☆☆☆

1日おきというわけではないが今日はPAULのgani119.gif
P.S.I LOVE YOU
KEY:D
うーん小品といえば小品なんだろうが、随所にビートルズらしさがちりばめられていてデビューアルバムの1曲にしては上出来では?
まずは、いきなりユニゾンでサビのバリエーションから始まり、しかもGの次にBaug7なんて小洒落たコードを使ってるじゃないですか!そして曲のポイントであるコーラスワークはというと、1、2番では途切れ途切れの単語でハモり、3番では全面コーラス。やっぱり一流コーラスバンドだね。
でもこの曲の最大の聴かせどころはTHIS LETTERの後のJOHNの
Oh〜
これを聴くためにこの曲は存在するのだ(あくまで個人的な意見ですので…)

収録アルバム
PLEASE PLEASE MEa_plspls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 君や僕にチョット似ている?
posted by COS桃 at 23:55| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

DIG A PONY ☆☆☆☆

アルバム LET IT BE の2曲目
 私がビートルズを聴き始めた時は、すでに彼らは解散しており、もちろん武道館も知らなかったんですが、その昔、夏休みともなると「ビートルズ祭り」などと銘打って「ヤア!ヤア!ヤア!」「HELP」「LET IT BE」の3本立てを上映する、なんてイベントがあり、そこで初めて動くビートルズ、演奏するビートルズを見たわけです。この3本の映画の中で「LET IT BE」はくら〜い雰囲気が漂うものの、彼らの生の姿(?)が見られて、その後も何度も見たもんです。さて、その中でも特にお気に入りとなったのがこの
DIG A PONYgani120.gif KEY:A
だったわけで、われわれも早速レパートリーに加えさせていただきました。かっこいいリフに、特に意味のないであろう語路合せの歌詞、どこをどうどってもJOHNらしい曲だね。それにしても♪ALL I WANT IS YOU♪ってフレーズはどこいっちゃったんだろう?解せない。

歌詞が簡単なのに憶えづらい曲。1番2番3番がごちゃごちゃになってしまうのは私だけ?後期のJOHNにしては力入れて唄ってますね。ALL I WANT IS YOU〜のサビはとにかく気合入れて頑張ろう!あとポイントはブレイクの「BECAUSE」。JOHN&PAULはさすがのタイム感でハモってるけど、ここが決まれば、かっこいいね。

収録アルバム
LET IT BEa_ltitb.gif


TOMORROW'S SONG 明日の予告 追伸
posted by COS桃 at 23:14| 岐阜 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月01日

ALL MY LOVING ☆☆☆☆☆

JOHN派の私だからこそあえてPAULの曲でスタート!1曲目は
ALL MY LOVINGgani119.gifKEY:E

後のPAULの成長を予感させるYESTERDAY以前の唯一の傑作!(偏見か?)まあとにかくPAULの曲の中で10本の指に入ることは間違いなし。JOHNも気に入ってたみたいだし。

おなじみのイントロなしのヴォーカルで始まり、みずからのランニングベースと例のJOHNの3連に乗って軽やかに歌ってますね。ウチのバンドでもはるか昔中学生時代からレパートリーにしてたな〜。だけどこれ3連のギターを弾きながら歌うのは結構むずかしいよ、ライブでは3コーラス目はGEORGEが主メロ歌ってたよね。

※タイトル横の星は管理人の曲の評価です。ご異論等ございましたらどしどしお寄せくださいm(__)m

収録アルバム
WITH THE BEATLESa_wth.gif


TOMORROW'S SONG 明日の予告 後期のJOHNの言葉遊びの曲、3拍子
posted by COS桃 at 22:59| 岐阜 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。