2005年03月17日

英語のお勉強A AIN'T

今回は
EIGHT DAYS A WEEK(ain't got nothing but love〜) とか YER BLUES(if i ain't dead〜) とかで出てくる
AIN'T

なんじゃ、AIN'Tって〜?学校じゃ習わんぞ〜!って思いませんでした?
そりゃ否定を表すってことは解るけど、教科書にゃ出て来ないし。

中学生のわたしは調べました。

1 平叙文でam notの短縮形.2 付加疑問文でam not?の短縮形.3 are [is, have, has] notの短縮形

なんだ結局、否定の万能選手のことだったんだ!こいつは便利だね。だってisn't や haven't よりずっと歌いやすいもんね。               納得!
posted by COS桃 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

EVERY LITTLE THING ☆☆☆

ELTで検索して来ちゃった人スイマセンふらふらビートルズのページです。しかし、ELTNの名前の由来がビートルズソングだってことを覚えてお帰りください。(知ってるか?)

この EVERY LITTLE THING KEY:A

どうも実際クレジット通りLENNON-MACCARTNEYの共作のような気がします。
 
 理由その1:Aメロをユニゾンで歌っている。
 理由その2:AメロはJOHN臭く、サビはPAUL臭い。(理由にならんか)

いずれにせよ、JOHNとPAULが鼻突き合わせて曲作りしていた頃のビートルズ臭プンプンの曲ですね。

間奏のギターは何かたどたどしく、和音弾きしてるところからするとJOHNが弾いてるって説が正解かもね。

収録アルバム
BEATLES FOR SALEa_frsale.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告
 このアルバムからは初登場。PAULが一声だけ歌ってます

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月16日

OB-LA-DI OB-LA-DA ☆☆☆☆

さて
OB-LA-DI OB-LA-DA KEY:B♭
である。

ワーストソングである。わたしは意外に好きデス。

ま、本当のワーストソングであれば、知名度もなく、ノミネートもされることもなく消えていくんだろうね。ビートルズソングだからこそ選ばれたとでも言っておこう。

I AM THE WALRUS が JOHN にしか作れない曲なら、これは PAUL にしか作れない曲だね。
PAULは、ほんと「どこかで聴いたことあるなあ」と思わせるメロディーを作る。サビなどはハ長調でいえば ド・ミ・ソー ド・ミ・ソー ド・ミ・ソー・ドー なる単純なメロで、それこそ誰でも思いつきそうなんだが、それだからこそこんなにキャッチ−な曲に仕上がったんでしょう。

アンソロジーの方もGOOD!

収録アルバム
THE BEATLESa_thebtls.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 持田香織も好きなんだろうか?

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月15日

SLOW DOWN ☆☆☆☆

この SLOW DOWN KEY:C
にしても BAD BOY, TWIST&SHOUT, MONEY と 初期のJOHNが歌うカバー曲は、どれをとっても1級品である。ROCK'ROLLを美しいと思わせるのはこの頃のJOHNのシャウトを置いて他にないのでは?合間合間の「アウッ!」一つとっても、濁点がついたようなこの声、この声こそが初期のビートルズの1大セールスポイントだったのでは、と思う。

悲しいことにREVOLVER以後はこのシャウトが聴かれなくなってしまった…。

それにしてもこの曲、演奏がも少しシャキッとしてたら5つ☆つけるんだがなあ

収録アルバム
PAST MASTERS VOLUME ONEa_pastmstr1.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 ワーストソング第1位に選ばれたね

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビートルズで英語のお勉強

中学生の頃からビートルズを聴き始め、聴くだけでは飽き足らず、歌いたいと思ったわたくし。最初に突き当たったのが英語です。何しろ英語など学校で習い始めたばかり、最初はもちろんカタカナ英語でした。しかししかし!何百回と歌い込むにつれ徐々に歌いこなせるようになり、と同時に単語や発音は覚えるはで、成績もアップ!まさに一石二鳥とはこのことですね。
現役中高生のみなさん!英語の成績あげるならビートルズに限らず洋楽を聴き、歌うのが1番ですよ!

そこで、今回はわたしの経験をもとに、ビートルズの歌詞で英語の初歩をお勉強と行きます。

@WANNA=WANT TO

曲のタイトルは I WANT TO HOLD YOUR HANDなのに 歌詞はWANNAとなってるではないか?!実際JOHNとPAULは アイ ウォナ ホウル〜と歌ってるではないか??
中学生のわたしの素朴な疑問でありました。もしかしてWANNA=WANT TO?

そうなんですね〜よくよく聴いてみると I WANNA BE YOUR MAN しかりPLEASE PLEASE ME の中のI DON'T WANNA SAOUND〜しかりいろんなところでWANT TO=WANNAが登場してたんですね〜。

同様にGOING TO=GONNAってことも知りました。

今日のはちょっと初歩的すぎましたかわーい(嬉しい顔)

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

DRIVE MY CAR ☆☆☆☆

ビートルズの新たな幕開けを告げるRUBBER SOULより

DRIVE MY CAR KEY:D

良くある区分分けをするなら、後期の始まりとでも申しますか、このアルバムから壮大な実験が始まっていくわけですね。そのオープニングナンバーに選ばれたのがこの曲。

何と言ってもコーラスワークが聴きどころ!例のBEEP BEEP BEEP BEEP YEAHをはじめ、コードにはない音(テンション)を多用してるがために耳についてはなれないサウンドになってます。 歌ってみると結構音とりにくいですよ。
PAULはこれまで LONG TALL SALLYKANSAS CITY といったカバー曲で元気の良さを見せていたが、ともすればものまね的なヴォーカルでありました。が、そうした曲を土台にしてこの曲や I'M DOWN では見事に歌い切っている。あきらかに成長のあとが見えますね。ギターのリフも秀逸。



収録アルバム
RUBBER SOULa_rbrsoul.gif

TOMOROOW'S SONG 明日の予告 JOHNが歌うカバーソング。スローライフで行こう!

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(1) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

i am sam

先日TVでi am samを観ました。以前ビデオで観たことがあったんですが、やっぱり良かった〜。サムの部屋のドアにJOHNのポスターが貼ってあったり、サムの口からメンバーの語録が飛び出したりと、ビートルズファンなら思わずニヤッとしてしまいますよね。バックでかかるビートルズのカバーソングがやけに映像とマッチしていて実に泣かせる映画でした。何よりルーシーが可愛いすぎるexclamation
posted by COS桃 at 19:58| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンポイントテクニックその3

I AM THE WALRUS

コピーバンドで演るには音数が多すぎる。ギターなんてほとんど聞えないし、何せこのストリングスは4人じゃ再現不可能かもしれないですね。ここは開き直って、エレピとディストーションの効いたギターをフィーチャーしたアレンジにした方が雰囲気出るかも。
しかし中学生当時はこの曲歌えなかったなあわーい(嬉しい顔);何しろ単語が難しかったし、結構早口で。ヴォーカルはカタカナ英語にならないように注意しましょう。

OH!DALRING

歌に自信がないとできませんね。私も余程調子が良くないと歌えません。ふらふら

イントロとブレイクはE+5ですね。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACT NATURALLY ☆☆☆

お待たせしました。RINGOです。

ACT NATURALLY KEY:G

カヴァー曲も初登場ということになります。
なんともRINGOにピッタシの曲じゃないですか。冴えない男の悲哀を歌った歌詞の内容がまたRINGOのイメージにマッチしてますな。また、この時までに彼が歌った曲(BOYS,I WANNA BE YOUR MAN,HONEY DON'T etc...)の中じゃ1番上手く歌ってる気がする。やはりカントリーが水にあってるんですね。

演奏はいたって軽快、GEORGEのギターもドロップチューニングでそつなくまとめてます。あっ彼もカントリータッチの曲は得意だったね。

収録アルバム
HELPa_idl.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 この曲にもSTARって単語が出てきます

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワンポイントテクニックその2

NOT A SECOND TIME

演奏面では特に難しいところはないですね。コピーバンドであればJOHNのぶっきらぼうなヴォーカルの雰囲気が出せるかどうかでしょう。

I WANT TO TELL YOU

まずはイントロのギターのリフをマスターしましょう。こういう簡単なフレーズこそリズム感が大切になってくるので、特に2拍3連の部分は譜面に表せないような微妙なニュアンスが出せればGOOD。
ヴォーカルはKEYが低いので、問題ないよね。
解説で書いたテンションコードはの2つ。

E7♭9.gif
1弦1フレがテンションの音。オリジナルでは、ピアノで音を強調してますが、ギターなら押さえたり放したりすればよし。

Bdim.gif
dimコードは構造的にいろんなポジションがとれるけど、ここでは前のコードBmからの流れで、これで行きましょう。

I WILL

これは弾き語りスタイルがピッタリ。
ただKEYがFだけにD♭とかいろんなバレーコードが出てきて初心者の方は弾きづらいかも。それとこういう淡々とした曲はリズムのキープが大事だよ。

最後のENDEAR YOU TO ME で 1拍づつ変わるコードは、B♭−Dm−F−Fdim

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(1) | テクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月12日

OH!DARLING ☆☆☆☆☆

ご存知 OH!DARLING KEY:A

この曲、何が凄いって、ヴォーカルです、ヴォーカル。PAUL一世一代の熱唱というか入魂の絶唱というか、なにせ、1週間かけてノドをつくったって話もあるくらいですからね。JOHNが「俺に歌わせなかったのはPAULのセンスのなさ」と言ったってのも有名な話ですね。こうしたKEYの高い曲って、たとえ声が出たとしても細く軟弱な声であったりするんだけど、なんとまあ、ドスの効いた声じゃありませんか。思うにPAULのヴォーカルのピークは、この頃を中心に1971〜2年迄だったんじゃないですかねえ。どう思います?

バックもまたセンス丸出し!サビでのRINGO(このブログでこの名前初登場)の寸分の乱れのない乱れ打ちといい、高音部を多用したピアノといい、グリスして落ちてくるギターといい、申し分ないです。あとわたくし的には、見逃せないのがコーラス。最後のヴァースまでは実に控えめな音量で、最後に来て、ヴォリュームアップグッド(上向き矢印)で、盛り上げる。泣かせるもうやだ〜(悲しい顔)
そして締めくくりは大迫力の I'LL NEVER DO YOU NO HAR〜〜M だ。

それやこれやで1級品に仕上がった作品です。

(しかし、この曲もピッタシAにチューニングされてませんね)

収録アルバム
ABBEY ROADa_abrd.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 この人ほんとにムービースターになりましたね

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 18:24| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月11日

I AM THE WALRUS ☆☆☆☆☆

NOWHERE MAN 以来の5つ☆。というより5つ☆中の5つ☆!本当は☆10個位つけたいところです。
I AM THE WALRUS KEY:A

この曲について何を語ればいいんでしょう?これこそJOHN LENNONオリジナルのJOHN LENNON にしかできない100年残る名曲だと思うのだ。確かに IMAGINELET IT BEYESTERDAY のように一般受けする曲ではないかもしれない。だが、公式サイトの15位にランクされているように解る人には解るのだ、この曲のスゴさが!何しろ、WALRUSですよ。EGGMANですよ。他の誰がこんな歌作るの?コードにしてもAからBまでメジャーコードが総登場(この辺はたぶんJOHN意識的だろうね)。加えてジョージマーチンのアレンジの素晴らしさ!(半分は彼の功績かも)
この曲がHELLO GOODBYEのB面だったなんて!

収録アルバム
MAGICAL MYSTERY TOURa_mgcl.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 明日はPAULの5つ☆にしよう。JOHNも好きだったというとってもKEYの高い曲。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

ABBEY ROAD

不定期にアルバムについてあれやこれやを語りたいと思います。
私も、多くのファンがそうであるように(今はそうでもないのかな)、赤盤青盤でビートルズに入っていったんですが、当時のお小遣いではそうそう、次から次へとレコード(CDではない)を買えるわけもなく、赤盤青盤の付録の解説などを読みながら、「次は何にしようかな」と心悩ませておりました。
そして、の次に手に入れたのが、ABBEY ROAD でありました。
a_abrd.gif

今から想えば、発売順に入手して行けば、リアルタイムのビートルズを追体験できたかな、とも思いますが、そこは中学生風情のすることなんで…。

さてさて、ABBEY ROAD もちろん青に入ってた3曲は知っていたけど、何とまあ素晴らしいこと!1曲1曲が粒揃いのA面と組曲のようなB面。(レコード感覚が抜けなくてすいません)そういう意味では HERE COMES THE SUN と BECAUSE はA面ですね。以来、今に至るまで一番聴いたアルバムです。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 22:14| Comment(1) | TrackBack(12) | アルバム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

I WILL ☆☆☆

もうお解りだったですよね I WILL KEY:F です。
甘い、甘〜い〈悪口ではない)そして短いラブソング。この手の曲はポールお手のものだね。ホワイトアルバムにはこうしたアコースティックの弾き語りっぽい曲が多いですね。引き出しの多いポールならではってとこでしょうか。

発見!この曲 KEYはFなんだけど、PAULの曲にはこれ以外にもYESTERDAYとかHEY JUDEとかMICHELLEとか(スタンダードが多いね)があるけどJOHNにはないねFってないんじゃない?きっと嫌いだったんだろうね、B♭とかGmとか出てきて面倒くさくて。(忘れてるかもしれないので、あったら教えてください)

そうそうI WILLなんだけど、アカペラで演ってもおもしろそうだね。ベースはスキャットだし。

収録アルバム

THE BEATLESa_thebtls.gif

明日は何にしようかなふらふら実はこれに一番頭悩ませてるんです。よしっ決めた

TOMORROW'S SONG 明日の予告 これ(動物)ってホント不細工な顔してるよね

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 00:40| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月09日

AND YOUR BIRD CAN SING ☆☆☆☆

初期のJOHNに別れを告げる曲
AND YOUR BIRD CAN SING KEY:E
そうなんだ、この曲を最後に単純な意味のないラブソングはJOHNの作品からは消えてしまう…と同じにビートルズのいわゆる「初期」は終る。また、JOHNの声もこのアルバムを境にガラっと変わっていく。残念ながら、あきらかに声の艶が失われていってしまう。しかし、この曲ではその最後の灯を聴かせてくれている。サウンドもツインリードなど、またも新しい試みをしているにもかかわらず、このアルバムにあっては初期臭を放っている。これぞビートルズによる、ビートルズならではの曲といえるのでは?今日は何となくしんみりしてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
それにしても ♪YOU TELL ME THAT YOU HEARD EVERY SOUND THERE IS♪は最高

収録アルバム

REVOLVERa_rblvr.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 WHITE ALBUMから1曲 きっとそうするよ

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

I WANT TO TELL YOU ☆☆☆

GEORGE 初登場おめでとう!REVOLVERからも初登場です。でもSで始まるあの曲やWで始まる例の曲を期待していた方ごめんなさい、ちょっと予告のヒントが足りなかったですね。
I WANT TO TELL YOU  KEY:A
この曲91年のGEORGEの日本公演のオープニングだったんですよ〜。私も行ったんですが、意表を付かれました。でもクラプトンがイントロを弾き始めたときにゃ、盛りあがったのなんの!
さて曲の方は、E7♭9や、ビートルズでは珍しいm7♭5dim(ココではBm7♭5Bdim)なんてコードが使われていて、ここにきてGEORGEを見直さざるを得ない仕上がりになっております。(コードは次回番外編でやりますね)
ところで、REVOLVERといえば、もっとも重要なアルバムベスト1に選ばれたそうですね。確かに画期的なアルバムではあるんですが、リアルタイムに聴いてない人間には、その画期的さがいまいちピンと来ないかもしれませんね。それとREVOLVERってなんとなく不気味な感じしません?イギリスの暗い空を想わせるELEANOR RIGBYや「死」を歌ったSHE SAID SHE SAID。そしてTOMORROW NEVER KNOWSの異様なサウンドがそう想わせるのか?どうでしょう?

収録アルバム

REVOLVERa_rblvr.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 もう1発REVOLVERから JOHNは嫌いだけどみんなは好きな曲

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 21:31| Comment(3) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたはJOHN派?PAUL派?それとも…

ところで、みなさんはJOHN派でしょうかPAUL派でしょうか?それともGEORGE?RINGO?私?あたしゃお察しの通りJOHNなんですが。でも、誤解なきように言っときますがPAULも好きですよ。どうもブログの内容がJOHN贔屓に偏っていきそうなんで、今後の参考までに、みなさんのごひいきをコメントにてお寄せください。
ジョン、ポール、ジョージ、リンゴなど一言でも結構ですので、是非よろしくお願いいたします。好きな曲などもお知らせ頂けたらうれしいです。

人気blogランキングへ
posted by COS桃 at 00:05| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

NOT A SECOND TIME ☆☆☆☆

昨日は番外編をお届けしましたので1日1曲はお休みしました。すいません。
さて今日の曲 NOT A SECOND TIME KEY:G(本日から参考までにKEYを付けときます)
意外に好きな人多いんじゃないかな?地味な曲ではあるんだけど時々ふと聴きたくなる、私にとってはそんな曲であります。特にあの声で I'M WONDERIN' WHY と歌われた日にゃ…あ〜たまらん!しかし、間奏のあとのAメロで I CRIED FOR YOU〜YEAHと落ちてくトコって何だか演歌っぽくない?でもこうした母音を伸ばすところがまたJOHNぽかったりしますね。アウトロのTI〜〜MEもまたGOOD!

収録アルバム

WITH THE BEATLESa_wth.gif

TOMORROW'S SONG 明日の予告 あの人の曲が初登場!クラプトンとも演ってたよ

人気blogランキングへ1票m(__)m
posted by COS桃 at 21:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

困ったこと

ふらふらみなさんビートルズの曲をコピーしようとしたり、CDやMDに合わせて演奏したりする時、困ったことありませんか?というのは彼らの曲って、回転操作をしたり、あるいはチューニングがいいかげんだったりするのか、音程が正確じゃないケースがままあるんですよね。半音違うとかならともかく、4分の1とか8分の1とか微妙にズレてたりするんですよね〜。その度に自分の楽器のチューニングを変えるのも面倒だし、その昔アナログ時代には、レコードプレイヤーの回転速度を微調整したりして苦労した思い出があります。デジタル時代のみなさんはどうしているんでしょうか?
posted by COS桃 at 16:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビートルズビギナーのためのQ&A

ビートルズビギナーの方のために、主に演奏面に関するご質問を受けつけています。時間と能力の許す限りお答えしますので是非コメントをお寄せくださいね※(投稿済みの曲に限らせていただきます。)
posted by COS桃 at 13:40| 岐阜 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。